【体験談】出産で裂けた!肛門まで裂けた時の痛みと回復期間について

出産で裂けた!肛門まで裂けた時の痛みと回復期間について【出産/体験談】

出産は「鼻からスイカ」程痛いとはよくいいますよね。

実際、出産の痛みは鼻からスイカよりも痛かったですが、さらに追い討ちをかける痛みがありました。

それは”裂ける”ということ!

しかもちょっと裂けたレベルではなく、肛門まで裂けました。。

今日は、会陰切開したけど間に合わず、肛門まで裂けた時の壮絶な体験談とそれが治るまでについてお伝えします。

なぜ出産で裂けたの?出産で裂けた時の状況

陣痛が始まったのはその日の朝7時頃。14時に病院へ行き、16時には分娩室へ。

ここまではとても順調でした。むしろ陣痛から分娩まで早いくらいで、陣痛の痛みをずっと味合わなくてラッキーくらいに思っていました。

ところが!破水したのに赤ちゃんが出てこなかったのです。

どうやら赤ちゃんが引っかかってしまっているらしいとのこと。

すぐに医師が呼ばれて事態を確認したかと思ったら、

急に男性医師がお腹に馬乗りに。

「え、どゆこと?!」と思うのも束の間、

腹の上から全体重かけて押されました…3回も。。。。

人にやってはいけない行為な気がしますが、そのおかげでなんとか出産。

やっと痛みから解放される…と思いきや、なんだかずっと痛い。

よく見ると、先ほど馬乗りになっていた医師が縫合している様子。

会陰切開されたところを縫われているのかな?と思ったのですが、5分経っても終わらない。。。

あまりに痛くて「痛い」の声が我慢できないほど。

私がよほど痛いと言っていたためか、医師から「麻酔を追加します」と言われました。

ただ、この麻酔の注射自体もめちゃくちゃ痛い。

変な話、お股のところなんて体の弱いところなので、注射するだけでも物凄く痛いのに、そこを縫合するなんて言葉にできないくらい痛いです(涙目)

しかも医師から「もう通常の倍打っています。」とのこと。

実は余談になりますが、私はお酒が強く、麻酔が効きにくい体質。。。

かれこれ縫合に1時間程かかりました。そして麻酔が効き始めたのは縫合が終わる頃でした(泣)

傷の状況を聞いてみると、どうやら肛門まで裂けてしまったとのこと。

最後縫合が終わる時、医師が肛門に指を入れて繋がったか確認していました(笑)

結構思いっきり指を入れてグイグイ確認していたのでびっくりしました。まさかこんな形で肛門に指を入れられることになるとは…w

その後、縫合されている時は痛かったものの、痛み止めが処方されたため、痛みが落ち着きました。

これでやっと出産の痛みが終わった…!と思ったのですが、地獄の痛みはここから始まったのです。。。

出産で裂けると痛くて歩けない!座れない…もちろんトイレも

痛み止めが効いている時は良いのですが、切れると途端に痛みが走ります。

歩くとズキズキ痛いので、歩くのは亀のように遅いですし、お股が痛すぎて座れないため、ドーナツクッションが手放せなくなりました。

↓私が使っていたドーナツクッションです。長く使うわけではないので安いやつを使ってました。(これで十分です!)

そして夜中の授乳も大変辛かったです。

病室は決して広くはなかったものの、ミルクを作ったり哺乳瓶を洗ったりの移動が辛い。

そして赤ちゃんを寝かしつけるための抱っこもとても辛かったです。

ミルク作りや抱っこで2時間起きには立ったり座ったりしないといけなかったので、ずっと痛みとの戦いでした。

また、変な話になりますが、トイレでも事件が起きました。。

肛門が裂けているため、下剤をもらっていたのですが、お腹が緩くなるのが嫌だったので、最初お薬を少なめに飲んでいたんですね。

その結果、踏ん張る必要が出てきて、もう痛すぎるのなんのって(苦笑)

しかもそんな時に限って赤ちゃんって泣くんですよね。

あんなに覚悟を決めて踏ん張ることはもう人生でないと思います(笑)

ちなみに、縫合しているので糸が出ています。

私は勝手に溶ける糸と、抜糸が必要な糸と半分ずつで縫われたそうで、退院の前日に抜糸の作業がありました。

もちろん抜糸も痛いです。。

しかも裂けて縫合しているため、お股部分は腫れあがって、普通の時の3倍くらいには膨れ上がっていたと思います。

お風呂に入って触ると、なんか糸も出てるし腫れてるしで、このまま治らないんじゃないかと思いました。(今は元に無事元に戻っています!不思議…)

なお、入院中の他のママさんと一緒になる機会があったのですが、他の人は全然余裕で歩いていました。

どうやら肛門まで切れず、会陰切開程度の縫合であれば、そこまで痛くないようです。

出産で裂けた傷が治ったのは2ヶ月後

この痛みは家に帰ってからも続きました。

むしろ痛み止めがなくなったため、家に帰ってからの方が大変でした。

慣れない育児に、2時間起きの授乳も変わらず、でも病院のようにご飯が出てきたり、掃除してくれたりするわけではない。

それに日中は基本誰もいないので、何かあっても誰かに頼ることもできない。

そしてもちろん泣く我が子を放って置くわけにもいかないので、痛みを堪えながらの抱っこや授乳は精神的にも肉体的にも辛いものがありました。

結局、痛くて歩けない、ドーナツクッションがないと座れないが、2ヶ月続きました。

ある日突然痛みがなくなるというよりは徐々に痛みが引いていく感じでした。

正直、出産からの2ヶ月は辛すぎて記憶が曖昧です。脳が思い出させないようにしている気がします。

よく帝王切開も術後が痛くて辛いと聞きますが、友人などの体験談を聞くに、正直肛門まで裂ける方が辛い気がしました。

肛門まで裂ける例はあまり聞きませんが、どうか皆様もお気をつけください…!

まとめ:出産で肛門まで裂けないために

出産で裂ける人、裂けない人がいると思いますが、やはり裂ける原因になったのは、医師に思いっきり押されたからだと思います。

赤ちゃんが無事に産まれてよかったのですが、スポーンッと出てきたことで肛門まで裂けたのは間違いありません。

ちなみに私は会陰マッサージはしていませんでした。マッサージが効果あるかどうかは不明ですが、裂けると本当に大変なので、回避方法があるのならやるべきかもしれません。

こんな痛みで産後大変な目に合いましたが、

・出産時間が短かくて済んだこと

・すぐに産まれたため、赤ちゃんの頭がまん丸だったこと

・自然分娩ですが保険がおりたこと

の3つは良いことがありました。

とはいえ、裂けるのは本当に辛いので、どうか皆様もお気をつけください…!